幸せを感じながら

昨日は、オーケストラのリハーサル2日目。

昨日も順調に進んでいきました。 :)

 

 

今回のプログラムには、Saint-Saens作曲の「交響曲第3番」があります。

この曲、好きな曲のひとつなのですが、実は全部を演奏するのは今回が初めてなんです(パイプオルガンのあるコンサートで、最後=第2楽章の後半=のみは何回か演奏したことありました)。

 

昔から聴いていた曲を実際に演奏できるって、何か特別幸せな感覚があります。

今日は2回公演。どちらも集中してやっていきます! :) ;)

 

 

夜には、自分の練習を。

エチュードをさらったのですが、これも気分よく進められました。

 

 

これからはオーケストラの活動も忙しくなってきますが、エチュードの練習も同時に進めていきたいと思っています。 :)

 


朝から夜までがんばりました!

昨日は朝から夜まで、とっても充実した1日でした! :D

 

朝は特に予定がなかったので、家で自分の練習をしたりデスクワークをやったりして過ごしました。

いろいろとやっていると、あっという間に時間が経ちますね。 :)

 

 

お昼からは、ESA音楽学院でのTromboneのレッスンでした。

まず、最初はピアニストとのソロのレッスン(来週試験です)。

 

とてもいい感じに進めることができました。

いつも素晴らしい演奏をしてくれるピアニストのNさんには大感謝です。 ;)

 

 

そのすぐあとは、グループ・レッスン。

基礎のあと、アンサンブル(4重奏)でリハーサルの進め方や合わせ方などをやって、そのあと最後にはデュオを使って初見の練習を。

みんなで最初から最後まで、楽しく進めていくことができました! :D

みんなが仲良くやっているのも嬉しいですね。 ;)

 

 

 

ESA音楽学院でのレッスンのあとは、すぐに移動をしてEuphoniumの個人レッスンを。

新しい曲に取り組んでいて、それの練習のやり方をいろいろと一緒にやっていきました。 :)

練習のやり方で難しいと感じていたところがサラッと吹けるようになる瞬間って、気持ちいいっ!! :D

 

 

 

昨日は、よく吹きました〜! :)

久しぶりの感覚でした。

充実した日は、ほんとにあっという間ですね。 ;)

 


コンクールの審査でした

昨日は、堺市の新人演奏会の審査員を務めさせていただきました。

今回は、申込数上限までの申し込みがあったようで、参加者はなんと50人!

 

1人棄権した人がいたので実際に演奏をしたのは49人だったのですが、12時から20時過ぎまでのとっても濃厚なコンクールとなりました(汗)。

僕たち審査員は11時集合で、最後の話し合いもあったので、終わったのは20時半を過ぎていました。

体感的には休憩の度に時間があっという間に経っていましたが、ハードな1日でしたぁ。

 

今回のコンクールの会場となった堺市にあるフェニーチェ堺には、Steinway(スタインウェイ)とFAZIOLI(ファツィオリ)のグランドピアノがあり、コンクールでは、コンクールの行われる少し前に試演会のようなものがありピアノで参加の人はそこで両方のピアノを実際に弾くことができ、コンクールではどちらか好きな方のピアノで受けることができました。

僕はこのメーカー、このコンクールに携わるまで知らなかったのですが、珍しいもののようです(高いそうですよ・・・)。 :)

 

 

覚悟はしていましたが、昨日はやっぱりハードでした・・・。

ピアノから弦楽器、管楽器、そして声楽まで、すべてのジャンルの審査をする、というのもハードな審査になる一員なのでしょうね(汗)。

 

でも、若い頃にいろいろなコンクールにチャレンジした自分の経験から、審査は常に全力で聴かせてもらい、務めさせていただきました。

みなさんが、どのような気持ちで準備をして挑んでいるのかは、自分の経験からよくわかりますから。 :)

 

なので、夜はもう抜け殻のようでしたよ(笑)。

 

今日はゆっくり過ごそうと思います。 :)

 


前に進んでいます

昨日は、オーケストラのリハーサルでした。

いつもの時間より少し遅くのスタートだったので、朝は家でいつものように練習ができました。 :)

 

 

リハーサルは、今度の日曜日と月曜日のコンサート用のものでした。

リハーサルとコンサートの間が空いているといろいろと大変なこともあるのですが、今回はその間にコンサートがないので(残念ながら予定されていた名曲コンサートが延期になってしまいました・・・涙)、いつもよりは心配は少なそうです。 :)

 

 

 

少しずつオーケストラの活動も戻りつつありますが、まだまだキャンセルや延期の影響は強く出ています(泣)。

少しずつでも、前を向いて進められているだけでもありがたいと感じています。

 

この機会に、自分自身の成長をとことん追求し続けていこうと思います! :) ;)

 


よく汗をかきました〜

昨日は、お昼前から子供たちのためのコンサートでした。

 

会場は、前日(一昨日)のリハーサルのあったところの近くだったので、この連休中の移動をなるべく少なくするため(あと、移動の疲れを減らすため)ホテルに泊まりました。

リハーサルが夜(と言っても19時まででしたが)まであって、翌日朝からの移動の場合、片道1時間半の移動時間がなくなるのはとっても楽になります。 :)

 

初めて行く会場だったのですが、ホールは複合施設の中にありました。

外は蒸し暑かったので、その建物に入ったときに涼しさを感じるのかと思っていたら、思っていたほど涼しさはなく、控室もエアコンがほとんど効いていないようで、朝から汗だくになりました・・・。

 

会場もエアコンがあまり効いていなく(ウイルス感染に対する予防策のためだったのかもしれませんが)、本番中も汗が垂れる中でのコンサートとなりました(泣)。

 

 

いやぁ、ほんと、朝からものすごく汗をかきました・・・。

ここ最近毎日水をたくさん飲むようにしているのもあり(朝ホテルを出るまでに1Lは飲みました!)、本番前からシャツはびしょびしょ(涙)。

想像以上にハードなコンサートとなりました。 ;)

 

 

帰宅してからは一休み。

ぐた〜っとして、何もする気が起こりませんでした。

 

 

早めの夜ごはんを夕方に食べて、それからは練習を!

昨日の夜は、Tromboneでエチュードを中心に。

お昼寝をした効果もあって、集中していい練習ができました(これまた汗だくになりましたが)。 :D

 

 

 

少しずつコンサートもできるようになってきました。

こういう状況の中でも、コンサートに足を運んできてくださる人たちに精一杯楽しんでもらえるよう、これからもコツコツとがんばっていこうと思います。 :)

 


オーケストラ週間

昨日は、定期公演の翌日でしたがオーケストラのリハーサルでした。 :)

今週は、オーケストラ週間。

 

定期公演はAlto Tromboneだけでの出演だったので、今回はTenor Tromboneでの再スタートです。 :D

 

 

 

コンサートは今日です。

今日も集中してがんばります! :D

 


ついに、再開!

昨日は、(事務局長によると)4ヶ月と10日ぶりのオーケストラの活動でした。

そうです、ついに我がオーケストラでも演奏活動が再開となりました!! :D

 

久しぶりのホール(広い場所)でのミュートを付けないでの演奏、そして他の人たちと一緒にする演奏。

響きの中に身を置く幸せを、久しぶりに感じました。 :) ;)

 

 

 

まだまだ環境は余談を許されない状況で、家を出るだけでそれなりの緊張感はある状態ではありますが、これからの生活スタイルがこういうことなのだと思うので、早く自分なりの生き方を見つけて毎日を気分よく過ごしていきたいと思っています。 :)

 

コンサートは16日の木曜日。

今回のコンサートは、前売りで販売されていたもの(購入されていたもの)だけのチケット販売となり、世界中に行われているように、観客数もかなり少なく設定されています。

いろいろな心配ももちろんありはしますが、お客さんと音楽を共有できることを今から楽しみにしています! :)

 

 

夜には、自分の練習もしっかりと。 ;)

オーケストラのリハーサルではAlto Tromboneだけで、低い音を出すことがなかったので、夜は低音域をしっかりめに。 :)

楽器も、久しぶりにオーケストラではメインで使っていないもので。

とっても吹きやすくて、改めて自分の今の環境に感謝の気持ちを強く持ちました。

 

これからも、こういう感謝の気持ちを演奏で伝えられるよう、がんばっていきます! ;)

 

 


久しぶりの合奏

昨日は朝から雨の予報が出ていて、大阪の各地でも警報が出たりしていたのですが、結果的には雨はほとんど降ることがなく、平和に過ごすことができました。 :)

 

 

数カ月ぶりに学校でのレッスンがあったのですが、心配していた警報も出ないで無事にレッスンに行くことができました(現地で話を聞いたところ、朝から雨は降らなかったそうです)。 :)

 

レッスンの最後に、講師たちもみんな一緒に合奏をしたのですが、久しぶりに合奏という形で演奏をして、本当に楽しかったです! :D

合奏の前の楽器別のレッスンも、とてもスムースに進んで楽しめました! :D

 

 

まだまだ感染防止の対策をしながらの生活ではありますが、こうして日頃の幸せを感じながら過ごせることに感謝です。 :) ;)

 

 

今月のメールマガジンを発行しました。

購読登録(無料)はこちらから。

よろしくお願いします。 :)

 


集中して練習できました

昨日は朝から活発に活動開始!

練習も、集中してできました〜。 :D

 

 

Tromboneでさらい直しているこのシリーズもいよいよ終盤。

すべて楽しめています!

コンサートですべてやると楽しいんだけど、きっと聴いているほうはそれほどでもないんだろうなぁ(笑)。 :)

 

 

 

Euphoniumでは、J.Golland作曲の「Euphonium Concerto No.2」を。

この曲、2楽章だけやる人はいて、その楽章を中心にちょこっとだけしか見たことありませんでした・・・。

 

 

楽譜にダブルハイB♭が書かれてあるのは買った当初(1997年頃?)に見て知って、「キチガイの曲だな・・・」と思ったのは記憶にあります(笑)。 :D

 

一昨日から、初めて最初からちゃんとさらってみたのですが、音域だけじゃなく、いろいろな面でなかなか大変でした・・・(汗)。

3楽章はちょっと映画音楽っぽい雰囲気もあって、好きかな。 ;)

 

「(まだ)吹けない曲」だったものが「吹ける曲」に変わっていくのは、嬉しいです。 :) ;)

今日もがんばりましょう〜! :D

 


自粛期間の過ごし方(練習の進め方)

昨日もいいお天気に恵まれました〜! :D

一昨日の夕方に畑へ行って水やりをしていたので、昨日の朝はお休み。

とは言っても8時には起きるのですが、しっかり眠れました。 :)

 

昨日もきれいな青空を見て1日をスタート! :D

 

 

 

昨日も集中してガッツリ練習ができました! :D

 

ここ数日は、20年ほど前、フランスにいた頃のように、すごく集中していい練習ができています。

あの頃のように朝から夜まで、というわけではありませんが、これまで学んだこと、経験を生かして、あの頃よりもより良く、濃い時間を過ごせているように思います。 :)

 

「あの頃のように練習に没頭できる時間はもう取れないんだろうなぁ」と思っていたのですが(そうなるだろうと当時から思っていたので、後悔しないよう当時は毎日限界まで攻めていました。笑)、思わぬところでこういう時間を持つことができました。

 

確実にこの期間の間にグレードアップ、成長することができていると思います!

あと、レパートリーの整理、確認作業も順調に進んでいますよ。 ;)

毎日黙々と自分の課題に取り組んでいます(そのへんの学生には全く負けてないくらいの内容の練習を、この数日はやれています!)。

 

昨日はこれらをこなしていきました。 :)

 

 

 

 

演奏技術が上がると、音楽的な内容もさらに上にいけるんだなぁ、と最近改めて実感しています。

 

演奏することに必要な労力や集中力が、演奏技術が上がることによってより少ないエネルギーでできるようになって、その余ったエネルギーを音楽的なものへ使うことができているのだと思います。

ますます演奏が面白く、好きになっていっています。 :D

 

 

 

今、学生をしている人たちは、毎日どのように過ごしているのでしょうか。

人によっていつから自粛生活に入っているのか差はあるのでしょうが、3月の中頃には大体の人が自粛生活に入っているのではないかと思います(僕たち家族は2月末から気をつけ始めていて、僕のコンサートも3月はじめのものが最後となっています)。

 

もう5月も後半に入ってきたので、自粛生活が始まって2ヶ月経つことになりますね。

学生の人(音大生や音楽専門学校生など、音楽を専門で勉強している学生を指しています)たちは、2ヶ月でどの程度練習を積み重ねていくことができているでしょうか?

今でこそいろいろとオンライン・レッスンの環境が整いだしてきてレッスンも始まってきているようですが、当初は「レッスンがない」という不安を抱えていたのだと思います。

 

学ぶこと、学べることはレッスンという機会で得ることが多いと思いますが、そこで何をどのくらい得られるのかは、そのレッスンまでの準備をどのくらいやっているのかで変わってくるのだと思います。

だから、人によってその度合いは変わってくるものです。

 

 

僕の個人的な考え方になりますが、先生から課題を与えられるまで待っているようでは、成長の度合いは期待できないと思います(今回の件では、入学したのかしていないのかわからないような状況の1年生は、できていなくても=やり方が分かっていなくても=いいとは思いますが)。

この「急にレッスンが中断されてしまった状況」に入ってから、

 

・何曲のソロを自分なりにさらって吹けるようになりましたか?

・オーケストラにある楽器でいうと、何曲の勉強(主にOrchestral Excerpts)をしましたか?

・何曲(何冊)のエチュードをやり進めましたか?

 

 

2ヶ月(60日)あれば、それなりの数をこなすことができると思います。

例えば、TromboneやEuphoniumで必ずと言っていいくらいさらうJ.Rochutの「Melodious Etudes」。

これは3冊に分かれていて全部で120曲あります。

単純に1日2つずつやっていくと、もう3冊全てさらい終わっている計算です。

 

毎日練習しなくても(僕は、練習しない日があってもいいと思っています)、1週間に14曲だとして、1日3曲前後のペースでやっていけば十分ですね。

もう一つの定番のエチュード、「Kopprasch」は全部で60です。毎日1つの計算でやり終えることができています。 :)

 

 

まさか、エチュードの練習だけで1日の練習を終えていたりしませんよねぇ?? ;)

ソロの曲やOrchestral Excerptsなども、しっかり練習する時間を取りましょう。

ソロの曲も、ゆっくりじっくりやったとしても、1週間に1曲で8曲は自分のレパートリーになっているはずです。

 

それらをこの時期にやっておくと、学校のレッスンが始まってもエチュードはすでに一度はさらっているものだから、さらい直すのにそんなに時間はいらないし、2回さらってレッスンに持っていくほうがより深い内容のレッスンを受けることができると思います(先生側からの感覚としていうと、演奏を聴くと、その人がどのくらいこの曲をさらっているのか、どのくらい苦労して、悩んでさらってきたのかはわかるものなのですよ)。

 

 

練習環境も人それぞれだと思いますが、今はいろいろなメーカーからいろいろな練習用ミュートが発売されています。

(実際、僕は2005年に活動拠点を日本に移してからは、自分の練習は95%以上練習用ミュートでやっています)

 

もちろん、練習用ミュートは使い方によってはマイナスな面もあるためあまりオススメできるものではないかもしれません。でも、「練習しない」よりマイナスなことはないようにも思います。

 

 

学校が始まると、楽器以外の授業や友達とのお付き合い、コンサートを聴きに行くなどが入ってきて、練習時間も今ほどは取れません。

ぜひ、今のこの「他のことが(も)できない」期間に、自分の練習をどんどん積み重ねていってくださいね。

きっと、それ以降の過ごし方は変わってきます!!

 


| 1/98PAGES | >>


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

JUGEM PLUS

PCとかよくわかんない…そんなあなたも簡単にブログが作れます!【JUGEM PLUS

楽天

selected entries

recent comment

profile

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

フルザック